作業服には会社名や個人名も刺繍可能

会社によっては作業服を制服にしていしているところも多くありますが、そういったところでは刺繍入りのものを業者に発注しているケースが多いです。

左胸にワンポイントで会社の名前を刺繍しておくと、顧客や取引先の会社にも失礼がありませんし、市販されている作業服でも問題なく制服として採用することができます。



会社名だけでなく、個人名も刺繍をすることができるために、作業服を会社から支給するときなどにも便利です。

いまの時代は刺繍もすべて機械を使って自動で入れていくものですから、料金も高くつかないというメリットがあります。



ワンポイントのものであれば、数百円でできるので経費もそれほど圧迫しません。

工事現場では他にも、注意事項を表示したり安全マークを入れるケースもよく見受けられます。

刺繍なら何度洗濯をしても剥がれてしまうことがないので、耐久性の面でも問題がありません。

白い糸以外にも色は使うことができますから、会社のロゴマークをそのまま縫い付けてしまうことも可能です。会社のブランド力を高めていくためにも、非常に有効な方法です。日本には数多くの作業服販売業者がありますが、その多くで名前の縫い付けやプリントは受けてもらうことができます。



少数からでも大丈夫だという業者も多いですから、中小企業で従業員数がそれほどいない会社や工場でも十分に利用可能です。


大手業者なら納品も非常に早いので、時間がない場合にも間に合わせることができます。