作業服の素材の特徴について

作業服は、工場や工事現場など、製造や建設分野で働く人が主に着用している衣類です。

トップはシャツやジャンパーが定番で、前が空くので着脱がしやすいメリットもあります。


ボトムはカーゴパンツが主流で、ストレッチ素材などを採用し、様々な作業姿勢や環境に対応した作業服が販売されています。
素材は綿100パーセントなど、耐久性に優れ、洗濯しやすい素材が採用されます。

綿素材は洗濯を重ねることで柔らかくなり、着心地も良くなるため、風合いの変化も楽しめます。



静電気も発生しにくいので、電源を使用する作業でも安全性が高いのも特徴です。


最近は、ポリエステルなどの合成素材も使用されており、取り扱いやすさや、更なる作業中の快適性を追求した製品のバリエーションも増えています。屋外での作業を中心とした現場では、レインウェアや防寒着などの作業服も必須アイテムです。

レインウェアでは、上下に分かれているタイプが定番で、ナイロン素材に防水コーティングを施したものが多いです。



内側にメッシュ素材を採用して、湿気や汗のこもりを防ぐ機能のある製品も人気です。

防寒着は襟を高くし、風を通さない素材を採用し、現場での安全にも配慮しています。



現場では、女性の活躍も見られるようになり、女性用の作業服のニーズも高まっています。

女性にとって着用しやすい柔らかさや、重みなどの負担が少なく、デザインも工夫した製品も増えています。

機能性とデザイン性を両立した製品の開発が進んでいます。